第3回寶竜蕓術大賞―「現代の日本」作品公募展

2019-07-30 14:54:13

 

企業紹介  寶竜文化集団

寶竜文化は、寶竜集団が20年余り積み上げてきた豊かな実力をよりどころとし、中華文明を伝承し、現代文化蕓術を推進することを自らの使命としており、寶竜集団が戦略の高みに立って発展させようとしている産業の一つです。現在、寶竜美術館、書蔵樓、寶竜畫院、寶竜蕓術センター、言午畫廊などの文化蕓術機関を設立しており、公益文化事業、コレクション、蕓術品創作、蕓術品経営を含めた立體的?包括的な文化産業チェーンを形成しています。

 

活動紹介

寶竜蕓術大賞

寶竜蕓術大賞は、寶竜文化集団が創設した、現代において最も代表性のある蕓術家を表彰し、多言語環境のもとで表現された優れた蕓術創作と模索を奨勵することを趣旨とするものです。寶竜蕓術大賞は専門家による選定を中心とし、専門家と蕓術學校、蕓術機関を學術的支えとした審査メカニズムを採用しています。蕓術的価値に方向づけられ、自主応募?推薦?公開評価?選抜?賞による奨勵?展覧展示?市場宣伝を基本的內容とした全面的な募集?宣伝システムをつくり上げ、蕓術家?蕓術品コレクター?蕓術學校?蕓術機関が多元的に共同発展する蕓術システムを形づくっています。また、蕓術家の発掘?支援?向上に寄與する蕓術ブランドになるように取り組んでいます。

 

參加作品募集のお知らせ

3回寶竜蕓術大賞―「現代の日本」作品公募展參加作品募集のお知らせ

2017年、寶竜文化集団が開催した「行進中――日本青年アーティストグループ展」は、展示に參加した蕓術家がすべて優れた蕓術作品で日本の現代蕓術の形式と自由な観念を反映しており、この展覧會は多くの上海メディアとコレクターの注目を浴びました。

2020年東京オリンピック開催前夜の今日、中日両國の文化間の友好を深め、中日文化蕓術交流を促すため、第3回寶竜蕓術大賞―「現代の日本」アーティスト作品公募展に日本の優れた蕓術家の參加を募り、これによりアジアの文化蕓術交流を推し進めます。

募集作品について

今回の展覧は「生活の蕓術化、蕓術の生活化」を作品創作の方向として、素晴らしい蕓術作品を生活空間の中に融合させることを提唱するものです。優れた蕓術作品はどれも、品質?品位の象徴であり、蕓術家たちの蕓術生活の獨特な品位を體現するものです。

1. 日本國籍をもつ蕓術學校の教師と學生、蕓術創作者、蕓術創作を愛するあらゆる職業の人、優れた創作思想と創作理念をもつ日本の蕓術家

2. 油絵、総合材料絵畫、彫刻?塑像を主とする

3. 作品の種類と蕓術形式に制限はなく、創作手法?技巧?風格にも制限はない

組織構成

主催団體:寶竜文化集団、寶竜蕓術センター

協力団體:東京銀座?株式會社篠田美術 東京銀座?株式會社泰明畫廊

學術的協力:寶竜美術館

蕓術総監督:潘微 

學術審査委員會メンバー

畑 中 優()  蕓術家

小井土満()  武藏野美術大學名譽教授

高田光治()  大阪蕓術大學教授

富松留幹()  日本奈良蕓術短期大學教授

篠田正道() アジア蕓術家連盟協會會長

壇上正憲() アジア蕓術家連盟協會副會長

華 雨 舟()   ベテラン蕓術品専門家、上海大學蕓術研究院兼任教授

賞の設置と作品?権利の帰屬

一等賞:1名 収蔵費として750,000

二等賞:3名 収蔵費として1人あたり450,000

三等賞:6名 収蔵費として1人あたり300,000

優秀賞 5080名 収蔵費として1人あたり150,000

入賞者名簿発表後1カ月以內に賞金、すなわち作品収蔵費を支払う。賞金は1つの賞で3作品。入賞作品はすべて返卻せず、組織委員會により収蔵され、賞金と入賞証書が発行される。

注:著作権は原作者に帰屬する

入賞作品は主催団體により収蔵され、主催団體は作品の所有権を有する

主催団體は入賞作品に対する展覧?研究?撮影?録畫?出版?宣伝権を有する。その他の用途での使用は國家著作権法が適用される

賞の実際數量は最終入選の作品の質によって決定される 

審査システムと進行予定

募集期間:201971日~915

初期審査日時:2019920

募集終了日時:20191015

審査終了日時:20191031

入賞者リスト発表:201911月初  

受賞式と展覧開始:201912月(予定)

展覧場所:寶竜蕓術センター

注:最終的な未入賞作品の返卻時期:201912月末までに協力団體により返卻

募集要項

絵畫類作品 40×40㎝以上

立體彫刻?塑像作品 60×60×60㎝以下

注:応募作品3點の中で2つの作品は「現代の日本」というテーマのもとで、生活空間に溶け込ませた素晴らしい蕓術作品として創作する必要があり、もう一つの作品は蕓術家の創作テーマに対する要求はなく、蕓術家自身の創作の最高レベルを示すことができるものであればよい。

1. 募集作品は作者が作品すべての知的所有権をもち、オリジナル性と革新性があり、創作理念が斬新で獨特であること

2. 作品募集は一律インターネット応募形式を用いる。もしインターネット使用が困難な作者がいれば、協力団體に連絡のこと

審査委員會の選出のため、作者は3つの作品の寫真資料を提供する必要があり、応募作品はすべて蕓術家の真の創作でなければならず、要求に基づき高畫素數のデジタル寫真(3MB以上のもの)、作品情報(名稱?サイズ?材質?創作年)、蕓術家の履歴、創作理念の説明、蕓術家のイメージ寫真を提供したうえで、初期審査に參加すること。メール名稱は「蕓術家の姓名+現代の日本」とする。

唯一の指定発送アドレス[email protected]

詳しくはこちらのサイトにて:https://info.shinoda-art.com(履歴書見本のダウンロード)

1.    ノミネート作品は審査委員會の選出後に參加蕓術家に通知され、蕓術家は5営業日以內に展示參加の意向返答を行い、オリジナル作品を協力団體に発送すること。

作品は寶竜傘下の蕓術機関(上海?杭州?アモイ?青島)で巡回展を行う。入賞作品は図録が編纂され、入賞した蕓術家に1冊贈呈される。一??三等賞の蕓術家はオープニングセレモニーに招待されるが、優秀賞の蕓術家が參加する場合は自費參加となる。

2.    ノミネート蕓術家がオリジナル作品を日本の協力団體に郵送するための包裝?郵送代は蕓術家自身の負擔となり、入賞作品以外の作品の返卻は協力団體が負擔する。

2019年第3回寶竜蕓術大賞―「現代の日本」日本アーティスト作品公募展の最終的な解釈権は寶竜蕓術大賞組織委員會が所有するものとする。 

問い合わせ先:季思傑  080-4177-1666(日本語)   大槻花  080-4110-8787(日本語)

久保田理世  090-5070-2681(日本語) 卓  150-2682-1289(英語)

 

 

人民中國インターネット版 2019年7月29日

 

 

関連文章
极速赛车做假